ABOUT USICLPについて

Home>About Us>回列表

はじめに本所簡介

about_img01

 

ICLPの特徴

国立台湾大学国際華語研習所 (International Chinese Language Program,略称:ICLP) は豊富な中華文化と伝統が受け継がれた台湾で、通年の中国語コースを開講しており、中国語漬けの環境に身を置くことで、短期間で効率的な中国語の習得が可能となります。

ICLPでのレッスンを通じ、生徒の学術的な研究や専門分野に於ける会話力・読解力の向上を促しています。本校は視聴覚室、図書館、コンピューター室を完備しています。本校は、台北市中心部にある国立台湾大学のキャンパス内に位置しており、台湾大学の学術的活動や課外活動への参加、また医療施設・運動施設を利用することが可能です。

 
ICLPの歴史

国際華語研習所 (ICLP) は現代中国語と古文に関するレッスンを同時に開講する世界初の語学学校です。本校は、米スタンフォード大学の中国語学習者のニーズに伴い、1962年に設立されました。ICLPは半世紀以上、中国語のインテンシブプログラムを提供し、今日までに30カ国以上、数千人の生徒が受講するに至りました。
 
ICLPの発端は1961年、当時米スタンフォード大学は国立台湾大学校内に中国語学習センターを設立する計画を立てました。当初の中国語学習プログラムは、スタンフォード学生のハイレベルな研究内容と教育水準に対応すべく考案されました。1963年にスタンフォード大学他、その他多くの大学間で理事会が結成され、同学習センターの正式名称を「Inter-University Program」通称「Stanford Center」と改め、一流の教材・講師、及びインテンシブプログラムを導入した後、世界トップクラスの中国語学習センターとなり、今日までに数多くの外交官、学界及びビジネス界のリーダーの中国語学習を手助けしてきました。

1997年、IUPは北京清華大学に移転されることとなり、元来の講師と事務チームは台湾大学の文学部言語センターに所属することとなり、名前を「国際華語研習所 (ICLP)」と改めました。2015年8月、ICLPは文学部直属の機関へと昇格し、今日に至るまで、ICLPは歴史ある少人数クラスとハイレベルのレッスンを継続し、その他の中国語語学センターの模範となりました。我々ICLPの全講師は、斯様な歴史を誇りに思いつつ、異なるバックグラウンドを持った生徒たちと共に、中華文化及び中国語を学習できますことを、心より歓迎しております。

“ Welcome to ICLP ”

The Premier Program for Intensive Training in Advanced Chinese in Taiwan.

TOP